【観光施設】杉の家はこね・希望の庭

〇杉の家はこね

この建物は、気仙材の需要拡大を最大のねらいとして、木材の良さ、木材の持つ可能性を追及しながら、生活用品の創作をはじめとする各種木材製品の開発研究を進め、住みよい山村地域社会の形成を目指すことを目的として建てられました。訪れた人に木の温もりを肌で感じてもらえるように、木工作の体験もできます。

〇希望の庭

平成27年9月、陸前高田を一望する箱根山に市民の憩いの庭ができました、池には鯉も泳いでいます。「岩手県造園組合(日本造園組合連合会)」「みちのく縁樹の会(造園業東北青年ネットワーク)」の主催により東北の造園家の皆様の手で作られました。