陸前高田のこと

陸前高田の場所

陸前高田とは

岩手県陸前高田市は岩手県の沿岸部最南端に位置しています。岩手県の中でも温暖な気候で、冬の降雪量が少なく、「岩手の湘南」と呼ばれています。 三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」による津波で、大きな被害を受けた地域のひとつで、現在も復興の真っ只中です。

そんな陸前高田には突出したものがありません。全国で有数の出荷量を誇る海産物や野菜、果物、はたまた17世紀から製造の続く鉄器や世界遺産もありません。ですが、それらに負けない産物でしたら何でもあります。海があり、山があり、川があるこの町ではなんと45個もの地域資源が登録されています。意外と知られていませんが、これが私たちが誇りにしている陸前高田の特徴です。

陸前高田の海・山・川 陸前高田の海・山・川

海、山、川がある陸前高田

陸前高田は海に面していながら険しい山々に囲まれ、さらにその山から海に向かって大きな川が流れています。それぞれから恵みを受けており、気候の関係もあってか、陸前高田はさまざまな産品の宝庫です。

そして、海、山、川が私たちにもたらしてくれる物は産品に限ったことではありません。漁業体験、登山、釣り、農作業体験と、それぞれのアクティビティを存分に楽しむことができます。

海、山、川があるまちだからこそ、訪れた方にとって四季折々のカラフルで刺激的な出会いがあります。

陸前高田の人びと 陸前高田の人びと

陸前高田の人々のあたたかさ

一年を通して穏やかですごしやすい気候の陸前高田に住む人々は、ちょっと内向的ですが親切で気配り上手な方が多いと評判です。特に震災後、陸前高田に視察やボランティアで訪れた人々の中には、本市に関心と愛着を持ち、何度も繰り返し訪問され、地元住民と交流を続けていたり、ふるさと納税にご協力いただくなど、本市と関わりを持ち続ける人たちがたくさんいます。

また、陸前高田は民泊修学旅行が大人気のまちです。陸前高田の人々のあたたかさが「また来たい」「また会いに来たい」と人気を博し、本格的に移住する人もいます。