【震災・復興】旧・道の駅高田松原(タピック45)


CIMG0614
〇道の駅高田松原
平成5年に県内2番目の道の駅として登録され、観光案内・売店・体験コーナーなどがあり国道45号線を通る方や市民の憩いの場でした。東日本大震災の津波により被災しましたが、津波の恐ろしさを後世に語り継ぐため、震災遺構として保存されています。

追悼施設01
〇東日本大震災追悼施設
震災以降、亡くなられた方々を追悼する場になっ ていた公共施設が解体されることから平成25年1月に東日本大震災の追悼施設が建設されました。この追悼施設には被災松が使用されています。

DSC01925 DSC01916 DSC_1164
復興まちづくり情報館
震災前の町の様子・震災の状況・復興の状況などが分かるパネル等や映像の他、松原に残っていた被災松の根が保存処理されて展示されています。

〇石川啄木没後百年記念碑
石川啄木没後百年記念事業実行委員会の製作による石川啄木の歌碑が刻まれた記念碑が建立されています。

DATA
所在地〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町古川28-5
< 前に戻る