【寺・神社】普門寺


【普門寺】
奥州三十三観音二十九番礼所。杉の巨木の参道を昇っていくと、曹洞宗の古刹海岸山普門寺があります。静寂な佇まいを見せる庭の奥には、三重塔があります。 各層とも軒の意匠に工夫が凝らされており、気仙大工の独特な技が見られます。三重塔は県指定有形文化財、境内のサルスベリは県内最大木で県指定天然記念物となっています。

普門寺06  普門寺08

【親子地蔵・見守り地蔵】
震災の犠牲者の鎮魂を祈り、高田松原の倒木を使って長野市の善光寺が制作しました。善光寺には大人地蔵1体が、普門寺には3体が安置されています。夏には「地蔵盆」が開かれ善光寺の大人地蔵が陸前高田に里帰りします。

お堂

【五百羅漢】
震災の犠牲者の供養のため、市民だけでなく全国からの参加者自身が制作した羅漢像はどれも表情豊かなものばかりです。2013年から毎年8月に制作会が開かれ少しずつ増えています。
詳細は【陸前高田「未来への記憶」プロジェクト

DSC00149 DSC00118

DATA
所在地〒029-2206岩手県陸前高田市米崎町字地竹沢181
連絡先0192-55-2034
< 前に戻る