【観光施設】まちの縁側

陸前高田市の中心市街地“まちなか”に2020年1月にオープンした交流施設。
設計デザインは世界を代表する建築家の隈研吾氏が、インテリアはファッション・テキスタイルブランド「ミナ ペルホネン」の世界的デザイナー、皆川明氏が手掛けています。

地元材の気仙杉を大胆に使用し、地域に古くから伝わる大工集団「気仙大工」の意匠を取り入れて建てられたこの建物の外観は、力強く、圧倒的な存在感を放っていますが、一歩中に入れば、杉の香りが漂う開放的な空間に心がほぐれていくことでしょう。

陸前高田を訪れるすべての人にとって優しいまちづくりの拠点となるように建てられた交流施設です。施設内には、観光案内所、就労支援事業所が運営するカフェ、暮らし相談窓口、子育て支援スペースがあり、地域内外の人が気軽に集える「縁側」のような場所として活用されています。かさ上げした中心市街地のちょうど南側端部に建っていることも「縁側」として親しまれている理由です。

エントランス

観光案内所

はぴなろカフェ

所在地

陸前高田市高田町字館の沖111

電話番号

0192-54-5011(陸前高田市観光物産協会)

定休日

年末年始

駐車場

あり(15台)

インターネット