【震災・復興】高田松原津波復興祈念公園

東日本大震災の犠牲者への追悼と鎮魂、震災の教訓とそこからの復興の姿を高田松原の再生と重ね合わせて未来に伝えていくための公園です。高田松原運動公園を含めるとその広さは130haにもなり、非常に広大な面積を誇ります。東京ドームで換算すると約28個分にもなります。
2019年9月22日にオープンした当公園は、2021年12月26日に全面供用開始されました。

敷地内には市が整備している5つの震災遺構(下記に掲載)があるほか、東日本大震災津波の事実と教訓を伝え、震災を乗り越えて進む姿を発信していく「東日本大震災津波伝承館」や、市内の旬な食材や名産品が揃った物販や飲食店、食事スペースのある「道の駅高田松原」があります。

【5つの震災遺構】
・奇跡の一本松:復興への希望の象徴としての遺構
・陸前高田ユースホステル:復興への希望の象徴としての遺構
・タピック45(旧道の駅高田松原):津波の威力を伝える遺構
・下宿定住促進住宅:津波の高さを伝える遺構
・気仙中学校:防災教育の重要性を伝える遺構

陸前高田市では被災した建物のうち「かさ上げなどの土木工事にかからない場所であること」「そこで亡くなった方がいない建物であること」などを条件に震災遺構を整備しています。外観からは自由に見学をすることが出来ますが、内部の見学には「高田松原津波復興祈念公園パークガイド」の同伴を条件に「気仙中学校」と「タピック45」に入場することが出来ます。

「タピック45」と津波伝承館・道の駅高田松原の建物を結んだ“復興を感じる軸”と、公園入口から水盤を通り海に向かって一直線に走る“祈りの軸”を意識しながら歩くと、この公園に込められた思いを感じられるかもしれません。

所在地

陸前高田市気仙町字土手影180番地

電話番号

0192-22-8911

定休日

なし

駐車場

普通車:140台、大型車:33台、優先スペース:4台

備考

24時間トイレあり(東日本大震災津波伝承館内)