【震災・復興】旧・道の駅高田松原(タピック45)

〇旧道の駅高田松原(タピック45)
平成5年に県内2番目の道の駅として登録され、観光案内・売店・体験コーナーなどがあり国道45号線を通る方や市民の憩いの場でした。東日本大震災の津波により被災しましたが、津波の恐ろしさを後世に語り継ぐため、震災遺構として保存されています。
現在は高田松原付近で国道45号のかさ上げや復興祈念公園整備等、様々な工事が行われており、一時的にタピック45周辺エリアへの進入(※)が出来なくなっております。
※2021年6月より、パークガイド同伴でのみ館内の見学が可能となっております。詳しくはパークガイドのページをご確認ください。

〇石川啄木没後百年記念碑
石川啄木没後百年記念事業実行委員会の製作による石川啄木の歌碑が刻まれた記念碑が建立されています。
現在は外構工事にともない公開されておりません。ご注意ください。