【イベント】下矢作灯篭七夕

平成27年、矢作町下矢作地区で43年ぶりの「灯篭七夕」が復活し、旧道を練り歩きました。
「灯篭七夕を復活させる会」(藤倉泰治会長)はじめ50人の有志により、また建設業協会や岩手大学生徒の皆さんの協力により、まず1台を復元し「子どもたちへ受け継いでいきたい」との思いで作られました。 夜になるとロウソクに火が灯り、暖かい明かりが町を照らしながら練り歩きます。