【イベント】チャオチャオ陸前高田道中おどり

かつて当市の夏前半の一大行事だった「チャオチャオ陸前高田道中おどり」
平成8年から続いてきたこのお祭りは、毎年約2000人の踊り手が参加し、
陸前高田市民から愛される祭りでしたが、
23年の大震災によって今まで中断せざるを得なくなっていました。
しかし震災から丸6年が経過した平成29年、「皆、元気でいるということを天に伝える」
という慰霊の意味も含め、ついにチャオチャオが復活。
震災を経験した今、慰霊の他、震災後ほとんどが崩壊してしまったコミュニティーの再団結、
震災からご支援いただいた全国の方々へのお礼を込め、市民総力での機運を高めていく事で、
観光の振興と市民交流による地域活性化に繋げるという意味が込められています。
BGMを聴いているだけで自然と体が動いちゃうような陸前高田市民に馴染みのあるお祭りです。
しかし、29年に復活したチャオチャオ陸前高田道中おどりで、振付けが分からなくて参加できなかった方が多かったことから、
今年ついに陸前高田芸術文化協会の踊りの先生たち、ばばばTV、観光物産協会でタックを組んで振付け動画を作りました。
陸前高田のみなさんはもちろんのこと、陸前高田を愛するすべての人が、これで踊れるようになります。
当日参加しやすいよう、飛び入り参加列も設けてますので、ぜひみんなで参加しましょう!

踊り協力:陸前高田市芸術文化協会
動画撮影協力:ばばばTV