【震災・復興】東日本大震災追悼施設

2021.2.17更新
「復興まちづくり情報館」と「東日本大震災追悼施設」は、改修工事休止に伴い、臨時開館しております。
期間:2021年3月14日(日)まで
2021年3月15日以降は再び休館となりますので、ご注意ください。

2020.7.21更新
「復興まちづくり情報館」と「東日本大震災追悼施設」は、改修工事のため休館しております。
期間:2020年7月22日(水)~2021年1月31日(日)

東日本大震災追悼施設

震災以降、亡くなられた方々を追悼する場になっていた公共施設が解体されることから平成25年1月に東日本大震災の追悼施設が建設されました。
現在は高田松原付近で国道45号のかさ上げや復興祈念公園整備等、様々な工事が行われており、タピック45周辺エリアへの進入が出来なくなったため 追悼施設、復興まちづくり情報館は中心市街地に移設されました。

    

復興まちづくり情報館

震災前の町の様子・震災の状況・復興の状況などが分かるパネルや映像、
陸前高田市内のジオラマの展示をしています。
平成30年5月中心市街地へ移設され、入り口を出ると東日本大震災追悼施設が正面に見えるような
配置になっています。