キーワード

一度は見ておきたいここだけのお祭り

陸前高田の人々に受け継がれ、今日まで続いてきたお祭り。 中には、地元住民以外の方々も見るだけではなく参加することができる行事があります。この土地の歴史と人々の思いが集ったお祭りに飛び込んで、一緒に熱くにぎわいましょう。
おすすめのお祭り
あの東日本大震災がもたらした大きな被害を受けても、復活しつつあるお祭りたち。 地元住民の、お祭りと地域に対する誇りと愛情をうかがうことができ、思わず胸が熱くなります。
東北の奇祭と呼ばれる陸前高田の七夕祭り

高田町うごく七夕まつりと気仙町けんか七夕まつり

陸前高田市民が毎年心待ちにしているのが、この「うごく七夕まつり」と「けんか七夕まつり」。 「うごく七夕まつり」は、きらびやかに飾られた山車がお囃子にあわせて勇壮にまちを練り歩く幻想的な祭り。それに対し、「けんか七夕まつり」は豪華に飾り立てた山車同士をぶつけ合い、文字通り「けんか」する豪快な祭りです。
陸前高田の夏の先陣を切る神輿

お天王さま

陸前高田市高田町に鎮座する八坂神社の例祭。 飛地境内社である八坂神社から本丸公園にある天照御祖神社まで神輿を運び、一週間奉安した後、また天照御祖神社から八坂神社へ還御する神輿渡御です。 時折大きく揺れ回る「暴れ神輿」を、担ぎ手たちが威勢の良い掛け声と共に担いで、街中をねり歩きます。 夜の出店は、子供達が心待ちにしている「夜遊び」イベントです。
心と身体を揺さぶる太鼓の音

全国太鼓フェスティバル

「気仙町けんか七夕」の古い歴史の中で、陸前高田の人々の心に受け継がれてきた太鼓の鼓動。その鼓動への思いが太鼓の祭典として生まれ変わったのが、この「全国太鼓フェスティバル」です。「命は鼓動からはじまる」をテーマに、陸前高田と全国各地の太鼓打ちが集い、それぞれの地域の太鼓の演奏が繰り広げられます。
お祭りのたのしみ

まさに「地元の祭り」

陸前高田のお祭りは自分達の先祖のため、アイデンティティのため、未来の子供たちのために、地元住民が協力して作ります。 「けんか七夕」や「うごく七夕」では、山車がどこにいるかを人づてに聞いて確認します。「全国太鼓フェスティバル」では、自分で持ってきた座布団に座って和気あいあいとお弁当を食べたりしています。 「お天王さま」では地元を離れた出身者にとって久しぶりに帰省して友達と一年ぶりに再会する大切な日であったり、子供たちにとってはこの日だけは夜遅くまで遊んでもいいビッグイベントでもあったりするのです。 ハプニングもあれば、それをみんなでどうにかするのが「地元のお祭り」。参加をすれば、あなたも陸前高田の住民です。

準備する段階から参加する

人手不足なのは陸前高田も同じ。 「うごく七夕まつり」と「けんか七夕まつり」では、震災後から山車を飾る「あざふ」を染めたり、提灯に花紙をはったりする準備作業を、いろんな地域から集まっていただいたボランティアさんと協力して行っています。 準備段階から参加したお祭りは、より一層盛り上がること間違いなし!お祭りに対する誇りを地元住民と一緒に感じてください。

後世に伝え続けようという人々の思い

震災後、陸前高田のお祭りはすべて途絶えてもおかしくない状況でした。 祭りに使う道具や神輿が流されたり、仲間が犠牲になってしまったり、家の再建に伴って住む地域がバラバラになってしまったり…。 それでも今日、お祭りが行われているのは、人々の「後世に伝え続けたい」という強い思いがあったから。 それは、この震災をきっかけに、さらに強くなりました。お祭りに参加してその思いに触れたら、あなたの何かが変わるかもしれません。
じゅんび

服装や情報収集など、事前準備を

陸前高田のお祭りは、人々が協力して開催するお祭り。ハプニングが起きたらみんなで協力して解決します。 そんな時のために、いくつか確認・準備をしてから来てください。より楽しむことができますよ!
  • 屋外のお祭りは天候対策を

    陸前高田のお祭りは、多くが屋外で開催されています。 雨が降った時の雨具はもちろん、夏場でも夜になれば冷え込んだりすることもあるので防寒具が必要です。 復興工事現場周辺は未舗装の場所が多いので、サンダルやヒールではなく、履きなれた運動靴で来ることをお勧めします。虫よけ対策もお忘れなく! 
  • 駐車場の確認を

    お祭り時には多くの数の車が一斉に駐車場を利用します。 出発する前に駐車場の場所や状況を確かめたり、余裕を持って早めに出かけることをお勧めします。 路上駐車はお祭り存続の妨げにもなりますので絶対におやめください。 交通量も多いため、運転には十分ご注意を! 
  • 開催場所、時間はリアルタイムで確認

    陸前高田では、毎年行われるお祭りでも、工事の関係等で開催場所や時間が変更になることがあります。 陸前高田市観光物産協会のFacebookでは、近日中に開催されるお祭りの情報をお知らせしています。当日のお天気による決行の有無もこちらでチェックできます。 陸前高田市観光物産協会 電話番号:0192-54-5011 / Facebook
高田町うごく七夕祭り
熊谷栄規さん
まちなかで「車屋酒場」を営む栄規さんは、高田町うごく七夕まつりの「駅前」地区の山車の引手であり、まつり全体をまとめる中心人物でもあります。 実直すぎる人柄に心奪われている人多数。
お天王さま 輿丁の会
柴田見さん
震災で被害を受けた御神輿を修復して完全復活させた張本人。お天王様にかける思いは人一倍、いや人十倍!!!お天王様では御神輿かついでまちなかを練り歩いています。
気仙町けんか七夕祭り保存連合会
村上大介さん
けんか七夕の笛吹男。震災前の地域の山車の特徴や構造、歴史などなんでも知っています。 けんか七夕のことならまかせろ!!

人気記事ランキング

キーワード