キーワード

公友館 俺っ家

地元の新鮮な食材でおもてなし

アバッセたかたの西側、一番北の角地にあるのが陸前高田を代表する居酒屋「公友館俺っ家」だ。新鮮な魚介類をこれでもかと豪快に盛り付けたお刺身をはじめ、お酒が進むおつまみメニューも豊富に揃っている。

陸前高田や近隣で採れた旬の食材を活かしたメニューは、“本日のおすすめ”ボードをチェックしたり、スタッフに聞いてみたりして欲しい。

居酒屋文化の発祥

店主の熊谷浩昭さんが旧店舗「酔い処俺っ家」を始めたのは、今から30年以上も前のこと。他の地方と同じくチェーン店の台頭が目立っていた地元を高校卒業で離れ、東京で出会ったのが“居酒屋”だった。その後、鮮魚の加工や仕入の経験を積み、故郷での開業に漕ぎ着けた。熊谷さんの気さくな人柄を慕って、地元だけでなく遠方からも多くのリピーターが足を運んだそうだ。

また、長年切り盛りするなかで多くの弟子を輩出し、市内のあちらこちらで自身のお店を構えており、今や居酒屋文化もすっかり定着した。

多様な人が集い交流するお店に

震災で一時は盛岡へ移転していたが、2017年に個人店の第一号として新市街地にお店を復活させた。「公友館」は、気仙地域唯一の映画館として半世紀以上にわたり親しまれてきた「高田公友館」にちなんでおり、“映画館のように老若男女が訪れ賑わうお店にしたい”という思いが込められている。

“ひげマス”の愛称で親しまれる熊谷さんの、おもてなしと遊び心が詰まったお店で過ごすひとときは、きっと印象に残るに違いない。

所在地
陸前高田市高田町大町103-2

人気記事ランキング

キーワード