キーワード

休日のモビタビ

グリーンスローモビリティ(以下グリスロ)とは、時速20km未満でゆっくり走る、小型の電気自動車です。オレンジとグリーンの車両が1台ずつあり、かわいい顔が特徴的です。
休祝日は観光施設や商業施設を、平日は市役所や病院、災害公営住宅などを結ぶ循環線が運行されています。
この記事では、休祝日の循環線を活用した「休日のグリスロ旅」をご紹介します!

乗車(道の駅高田松原前)
早速乗車してみましょう!休祝日のグリスロの停留所は6か所ありますが、今回は道の駅高田松原前から乗車したいと思います。
運賃は、休祝日は500円(乗り放題)、平日は100円となっていて、乗車定員は5名です。
※グリスロ時刻表はこちら

「オレンジとグリーンの車両が目印です!(道の駅高田松原停留所)」

「気さくな運転手さんがガイドをしながら運転してくれます」

発酵パークCAMOCY(カモシー)
最初の停留所は「発酵パークCAMOCY(カモシー)」。発酵をテーマにした商業施設で、様々な発酵食品をおしゃれに、美味しく食べることができます。

「発酵食堂やぎさわの塩麹シャケのはらこ飯」

「ベーカリーMAaLoのパン。多くのパンが店頭に並ぶ。」

発酵パークCAMOCY(カモシー)について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

ワタミオーガニックランド
次の停留所は「ワタミオーガニックランド」です。ワタミオーガニックランドは20年をかけて整備する農業テーマパークで、現在はモデルエリアのみがオープンしています。
モデルエリアでは、岩手県産の食材にこだわった定食やハンバーガーを食べることでき、野菜収穫体験やピザづくり体験などの各種体験も楽しめます。体験は事前予約が必要ですので、お電話をお忘れのないようにご注意ください。

詳細はワタミオーガニックランドのHPをご覧ください。

『農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」』

陸前高田駅(まちの縁側)
陸前高田駅で降りたら、駅の隣にある「まちの縁側」に足を運んでみてはいかがでしょうか。まちの縁側の中にある観光案内所でおすすめの飲食店やお土産を聞くことができます。スタッフがご希望に合わせて案内してくれますよ^^
飲食店街や商業施設は、まちの縁側から徒歩5分圏内にあるので、夏の陸前高田のまちなかを散策するのもおすすめです!

「観光物産協会のスタッフが案内してくれます」

道の駅高田松原
陸前高田駅の停留所から再乗車して、道の駅高田松原に戻ります。休祝日は乗り放題なので、周遊しながら過ごすのに最適ですね!
運転手さんにガイドをしてもらいながら、あっという間に道の駅高田松原に到着しました。道の駅高田松原でお土産を買って大満足です!

手軽に観光施設やまちなかを周遊できるだけでなく、運転手さんのユニークなガイドが聞けるなど、1人でも家族でも楽しめる乗り物になっています!
夏の陸前高田をグリスロで楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気記事ランキング

キーワード