キーワード

All posts by rikutaka-kankou@crest.ocn.ne.jp

2022年9月27日更新
みんなの家はまだ開館しておりません。
10月初旬頃の開館を予定しておりますので、開館前は立ち入ることのないようお願い申し上げます。

みんなの家は、東日本大震災後に「人が集う場所」になることを目指して陸前高田市内に建設された建物です。

設計は伊東豊雄氏、乾久美子氏、平田晃久氏、藤本壮介氏の4名の建築家による共同設計で、元サッカー日本代表の中田英寿さんや、国内外の個人・団体から資金や資材の提供を受けて建設されました。
津波の塩害で立ち枯れした杉の丸太を柱にして、階段をらせん状に外周を回すように設置した木造建築で、第13回​ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展では、この設計・建設プロセスを展示した日本館が最高賞の「金獅子賞」を受賞。国際的にも注目を集めた建築物となりました。(現在バルコニーと物見台には立ち入りができません。)

みんなの家は2016年に復興工事のため一時解体されていましたが、現在は場所を変えて「おかず屋和笑輪(わわわ)」の隣に再建されています。
イートインスペースとしての機能も持ち、おかず屋和笑輪で購入した料理を建物内でお召し上がりいただけます。もちろん建物内で一休みをするも良しの場所です。

著名な建築家の息遣いを感じながら、みんなの家でゆっくりと過ごしてみるのはいかがでしょうか。

「中心市街地に再建された”みんなの家”」

「左奥が”みんなの家” 右手前が”おかず屋和笑輪”」

2022年7月にオープンした「サロンドロワイヤル タカタ本店」は、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で“世界の優れたショコラティエ100選”に選出された株式会社サロンドロワイヤル社の販売店舗です。

「陸前高田市ピーカンナッツ産業振興施設」内に店舗と加工場を併設し、店内のショーケースにはピーカンナッツを使用した多種多様なチョコレートや、焼き菓子が並べられており、まるで宝石のような輝きを放ちます。
また、サロンドロワイヤル タカタ本店限定のパッケージデザインをあしらった商品も多く販売されており、大切な方へのお祝いやお土産などギフトにもピッタリです。

上質な空間が広がる「サロンドロワイヤル タカタ本店」に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

●ピーカンナッツとは
ピーカンナッツは、北米原産のクルミ科落葉樹の実で、飽和脂肪酸、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、鉄分などを豊富に含み、とくにナッツ類の中で最も多く含まれる抗酸化物質は、アンチエイジング効果やアルツハイマー病の予防に役立つ可能性があるとされています。(※)
陸前高田市では2016年7月に、ピーカンナッツを通じた陸前高田の創造的復興と地方創生を目的に、東京大学とサロンドロワイヤル社との産学官連携協定を結び、「ピーカンナッツプロジェクト」を推進しています。
2022年4月には高田地区の平地部にピーカンナッツの苗木を550本植樹し、数年後の収穫を目指して日々圃場管理を行っています。

※ ナッツに含まれる抗酸化物質はアルツハイマー病予防に役立つ可能性があるという研究論文が「The Journal of Nutrition」に掲載されています。
またアメリカ農務省(USDA)はピーカンナッツがナッツ類の中でも多くの抗酸化物質を持っているとデータで示しています。
詳細はこちらからご覧ください

【『ワインツーリズムさんりく2022』初開催!】
「三陸のワインと食のすばらしさを、“さんりくから全国へ、世界へ”。」をスローガンに、岩手県の大船渡市、陸前高田市、宮城県の気仙沼市、南三陸町の4市町をシャトルバスで結んで周遊し、三陸のワインと食を味わえる『ワインツーリズムさんりく2022』を、2022年10月22日(土)~23日(日)に初開催します!
『ワインツーリズムさんりく2022』は、上記4市町の6ワイナリーに加え、青森県八戸市や岩手県野田村の三陸北部の3ワイナリーを加えた合計9つのワイナリーが参加します。
三陸沿岸部で造られたワインと、三陸の地元食材を使った料理メニューを提供する他、地域の事業者とともに各エリアで、様々なイベントやオプショナルツアーも同時開催します。

■「ワインツーリズムさんりく 2022」開催概要
<期間>2022年10月22日(土)〜23日(日) 9:00~17:00
<会場・参加ワイナリー>
【大船渡会場】(THREE PEAKS/岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前99)
THREE PEAKS(岩手・大船渡)
【陸前高田会場】(神田葡萄園/岩手県陸前高田市米崎町字神田33)
神田葡萄園(岩手・陸前高田)
ドメーヌミカヅキ(岩手・陸前高田)
<地元飲食店から「ブロック808」が出店!美味しい三陸フードをご用意。その他出店者も随時追加>
<※ツーリズム以外の一般のお客様も利用できます>
【気仙沼会場】(すがとよ酒店/宮城県気仙沼市新浜町2丁目3-6)
角星(宮城・気仙沼)
八瀬ぶどう園(宮城・気仙沼)
涼海の丘ワイナリー(岩手・野田/22日ワイナリー参加、23日ワインのみ提供)
澤内醸造(青森・八戸/ワインのみ提供)
八戸ワイナリー(青森・八戸/ワインのみ提供)
【南三陸会場】(南三陸ワイナリー/宮城県本吉郡南三陸町志津川字旭ケ浦7-3)
南三陸ワイナリー(宮城・南三陸)
<参加料金>6,600円(税込)
※参加料金には、シャトルバス利用料金、ガイドブック、オリジナルグラス等のノベルティ、無料試飲チケットが含まれます。
<主催>ワインツーリズムさんりく実行委員会
<協力>一般社団法人ワインツーリズム
<公式WEBサイト・申込>https://wtsanriku.com/

■「ワインツーリズムさんりく 2022」オプショナルツアー・イベント
1.THREE PEAKS・神田葡萄園飲み比べセット&お土産付き宿泊プラン(10/22、大船渡温泉)
2.防災ゲーム(10/22・23、大船渡会場)
——————————————————–
3.神田葡萄園
・園主と巡るテロワールツアー(10/22・23、陸前高田会場)
・焚火ナイトガーデン(10/22、陸前高田会場)
4.ドメーヌミカヅキ ぶどう畑ツアー(10/22・23、陸前高田会場)
——————————————————–
5.南三陸ワイナリーランチワイン会(10/22・23、南三陸会場)
6.南三陸ワイナリーディナーワイン会(10/22、南三陸会場)
7.志津川湾周遊クルーズ(10/22・23、南三陸会場)
8.南三陸マルシェ(10/22・23、南三陸会場)
上記以外のイベント等は決まり次第、随時『ワインツーリズムさんりく2022』WEBサイトに掲載します。


お気に入りのりんごを自分の手で!りんご狩り体験!

実は陸前高田がりんごの産地であることをご存じでしょうか?

陸前高田市の温暖な気候にほどよい寒暖差。全国的にもめずらしい、海を臨む沿岸の傾斜地にあるりんご畑。
照り付ける太陽は、りんごの葉を厚く大きくし、降雪量も少ないので、霜が降りず長期にわたって養分を得ることができます。

引き締まった甘さとシャキシャキとした歯ごたえ、何よりもジュースのようなみずみずしさが陸前高田『米崎りんご』の特徴です。

そんな美味しいりんごを自分の手で収穫でき、持ち帰りもできるのがこの体験プラン!
時期によって収穫できるりんごの品種も異なります。生産者の方からりんごの話を聞きつつ、お気に入りのりんごを見つけてみてはいかがでしょうか?

りんごとひたむきに向き合ってきた生産者の方達と共にすごす体験は、きっと訪れる方にとって素晴らしい時間になるはずです!

【体験について】

○実施期間  9/1~11/末まで
○事業者名  特定非営利活動法人LAMP
○集合時間  10:00~16:00の間(申込時要相談)
○集合場所  陸前高田市米崎町字糠塚沢84
○体験時間  約30分~1時間
○服装・持ち物
・動きやすく汚れてもよい服装でお越しください。
・帽子や汗拭き用のタオル、軍手などはお客様の方でご用意ください。
・屋外での体験作業となりますので、日焼けや花粉症、虫除けなどの対策も必要に応じてお願いいたします。

【予約について】

○申込期限    体験希望2営業日前の17:00まで(※)
○最少催行人数  1名様~
○料金      お一人様(中学生以上):入園料…500円(税込)、
         りんご1kgあたり…500円前後(品種により異なります)
         ※小学生以下は無料ですが、保護者同伴でお越しください。
○お支払方法   現地での現金精算
※平日の場合は当日でも体験できる場合がありますが、時期により収穫できる品種が異なります。詳しくは下記事業者にお問い合わせいただくか、次のリンクからご確認ください。⇒特定非営利活動法人LAMPホームページ

【キャンセルについて】

・キャンセルの場合は催行時間よりも前にご連絡をお願いいたします。
・無断でのキャンセルは料金が発生いたします。
・りんご畑は屋外のため、天候によっては事業者の判断で中止になる場合があります。あらかじめご承知おきください。

【お申し込み・お問い合わせ】

○事業者名:特定非営利活動法人LAMP
・電話番号:0192-22-8331(または080-1856-1535)
・担当:平出(ひらいで)さん

気分はりんご農家!手軽に農業体験!

実は陸前高田がりんごの産地であることをご存じでしょうか?

陸前高田市の温暖な気候にほどよい寒暖差。全国的にもめずらしい、海を臨む沿岸の傾斜地にあるりんご畑。
照り付ける太陽は、りんごの葉を厚く大きくし、降雪量も少ないので、霜が降りず長期にわたって養分を得ることができます。

引き締まった甘さとシャキシャキとした歯ごたえ、何よりもジュースのようなみずみずしさが陸前高田『米崎りんご』の特徴です。

そんな美味しいりんごを生産するために『掘る!』『摘む!』『狩る!』『獲る!』
実はりんご畑って年中やることがあるんです。地味だけどどれも欠かせない大切な作業ばかり…。

「土に触れ、草を刈り、台風をしのぎ、そして収穫。生きること、食べることを畑に教わった。りんごが美味しいからりんごを作る。りんご作りが楽しいから仲間を集める。頑張りすぎなくて大丈夫!」

そんな思いをもった生産者の方達と共にすごす体験は、きっと訪れる方にとって素晴らしい時間になるはずです!

【体験について】

○実施期間  通年
○事業者名  特定非営利活動法人LAMP
○集合時間  ①10:00~ ②14:00~
○集合場所  陸前高田市米崎町字糠塚沢84
○体験時間  約1~2時間
○服装・持ち物
・動きやすく汚れてもよい服装でお越しください。
・帽子や汗拭き用のタオル、軍手などはお客様の方でご用意ください。
・屋外での体験作業となりますので、日焼けや花粉症、虫除けなどの対策も必要に応じてお願いいたします。

【予約について】

○申込期限   体験希望2営業日前の17:00まで(※)
○最少催行人数 1名様~
○料金     お一人様(中学生以上):1,000円(税込)
        ※小学生以下は無料ですが、保護者同伴でお越しください。
○お支払方法  現地での現金精算
※平日の場合は当日でも体験できる場合がありますが、季節ごとに体験できる内容が異なります。詳しくは下記事業者にお問い合わせいただくか、次のリンクからご確認ください。⇒特定非営利活動法人LAMPホームページ

【キャンセルについて】

・キャンセルの場合は催行時間よりも前にご連絡をお願いいたします。
・無断でのキャンセルは体験料が発生いたします。
・りんご畑は屋外のため、天候によっては事業者の判断で中止になる場合があります。あらかじめご承知おきください。

【お申し込み・お問い合わせ】

○事業者名:特定非営利活動法人LAMP
・電話番号:0192-22-8331(または080-1856-1535)
・担当:平出(ひらいで)さん

お得なチケットを購入して、いわての食を応援!

9月1日(木)より、いわての食応援プロジェクト第2期が始まりました!
このプロジェクトは「いわて飲食店安心認証制度」の認証を受けた飲食店で利用できるプレミアム付き食事券を発行し、感染対策に取り組む飲食店を応援する取り組みです。

陸前高田市の対象店舗はこちらからご確認ください!

チケットは売り切れしだい販売終了となります。購入の際はご注意ください。

○チケット販売価格○
・1冊5,000円(500円×10枚綴り)の食事券を4,000円で販売

【第1期】
・終了しました

【第2期】
・いわての食応援チケット2022(秋・冬)
・販売冊数:15万冊
・販売期間:9月1日(木) ~ 11月30日(水)
・利用期間:9月1日(木) ~ 12月31日(土)

○お問い合わせ○
・いわての食応援プロジェクト事務局(℡:019-624-5050)
 営業時間:平日10時~17時

最新情報やチケット販売店舗、その他詳細などは公式ホームページをご確認ください。

2022年9月12日更新
ご好評いただいていた「高田トレイルエール」は、お陰様で完売となりました。
陸前高田マイクロブルワリー店舗及びオンラインショップでの「高田トレイルエール」のご購入はできませんので、予めご了承ください。
陸前高田マイクロブルワリーでは、「高田トレイルエール」の他にも美味しいクラフトビールを各種販売しておりますので、是非お買い求めください。

「高田トレイルエール」が陸前高田マイクロブルワリー様のご協力のもと完成し、2022年7月25日(月)より販売開始となりました!

高田トレイルエールは、*みちのく潮風トレイルとコラボして生まれたクラフトビールで、地域とハイカーの方々を繋ぐビールになることを願って醸造されました。
ラベルデザインは高田松原をモチーフとしており、ハイカーのシルエットや、みちのく潮風トレイル上でのルートを示すサインボードなど、遊び心も取り入れたデザインが特徴です。

陸前高田マイクロブルワリー様の店頭と、オンラインストアで販売中です。今回は200本だけの限定販売ですので、この機会に是非お買い求めください!🍻

■陸前高田マイクロブルワリー
<オンラインストア>
オンラインストアはこちらから
<住所>
〒029-2204
岩手県陸前高田市気仙町字町15番地 発酵パークCAMOCY(カモシー)内
<営業時間>11:00〜19:00(※ラストオーダー18:30)

<定休日> 火曜日
070-4283-0852
<お支払い方法>
現金・クレジットカード・電子マネー/スマホ決済・交通系ICカード

■*みちのく潮風トレイル
みちのく潮風トレイルとは、青森県八戸市から福島県相馬市までの4県28市町村をつなぐ、全長1,000キロを超えるロングトレイルです。
<NPO法人みちのくトレイルクラブ様のHPはこちら>
「みちのく潮風トレイルとは」

みちのく潮風トレイルとは

みちのく潮風トレイルの陸前高田市ルートは約40キロ弱のコースとなっており、豊かな自然と震災の教訓を感じながら歩くことができます。
陸前高田市コースの魅力を一冊にまとめたマップ「陸前高田トレイルよりみちMAP」は、まちの縁側内にある観光案内所で配架しておりますので、是非お立ち寄りください。
※陸前高田トレイルよりみちMAPについてはこちらから

うごく七夕・けんか七夕の二大七夕とは別に、矢作町の下矢作地区で行われる夏の風物詩、それが「下矢作灯篭七夕」です。

かつて疫病退散などの願いを込め、「上・中・下」の3組でそれぞれ山車を作り練り歩いていましたが、住民減少などの背景から休止。それでも復活させたいという機運が高まり、約50年ぶりとなる2015年に復活しました。
現在は東日本大震災で犠牲となった方々への鎮魂や、伝統を受け継いでいくという意味も込められており、住民が協力し合い1台で運行しています。

その名前のとおり夜には山車の中のろうそくが灯され、山車そのものが「灯篭」になります。電飾を使わずろうそくの火だけで灯された山車は、非常に温かみのある装いに変身。その山車の前で披露される三種類のお囃子にもぜひ注目してください。

※体調管理やマスク着用など、新型コロナウイルスの感染対策にご協力ください。

【運行時間(予定)】
・午後2時~午後5時
・午後6時~午後8時30分

【運行場所】
・矢作町下矢作地区内(陸前矢作駅ほか)

当日の運行など詳細は「下矢作灯篭七夕」のfacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/ShimoYahagiToroTanabata

約900年の歴史があると言われている「けんか七夕」は気仙町今泉地区で行われており、岩手県指定無形民俗文化財にも指定されています。
「東北の奇祭」とも呼ばれるけんか七夕は、山車同士がぶつかり合う豪快かつ勇壮な「けんか」が繰り広げられるお祭りです。

互いに山車に取り付けられた綱を相手の山車の背後に伸ばして、山車頭の「引けー!!」という掛け声とともに地元の方々や飛び入りの参加者が、勢いよく綱を引っ張ります。
そうして引き寄せられた2台の山車がぶつかるとともに、山車の中からはお囃子がその勢いをさらに活気づけようと鼓舞します。

ここ2年は新型コロナウイルス感染症のため開催は見送られてきましたが、今年は3年ぶりに「けんか」が行われます。どのようなお祭りなのか、実際にその目で確かめに来てください。きっとけんか七夕の“とりこ”になります。

※体調管理やマスク着用など、新型コロナウイルスの感染対策にご協力ください。

【運行時間】
・午前の部:午前9時~午後0時
・午後の部:午後1時30分~午後4時
・夜の部:午後6時~午後9時

【運行場所】
・気仙町今泉地区内(発酵パークCAMOCY付近ほか)

その他詳細は「気仙町けんか七夕祭り保存連合会」のfacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/kenkatanabata/


「うごく七夕」は高田町の夏の伝統行事です。先祖供養をするために始まったとされ、東日本大震災が発生してからは犠牲となった方々への鎮魂のほか、復興支援に対する感謝の意味も込められています。

それぞれの祭組がよりをかけて作り上げた自慢の山車を引き、「ヨーイヨイ!」と元気な掛け声を響かせながら練り歩いていましたが、震災でほとんどの山車が流出。それでも山車を作り復活を遂げるなど、地元住民が七夕の伝統をつないでいこうとする並々ならぬ強い想いがあります。

現在はかさ上げされた中心市街地などを豪華絢爛な装飾をした山車が町中を練り歩きます。昼の太陽に照らされる山車も良いですが、夜になると山車に灯りが彩られ、一層山車の魅力を引き出してくれます。
夜に中心市街地で勇ましく立ち並ぶ山車を一目で見られるのはまさに圧巻です。山車の中で演奏されるお囃子が体中に響き渡り、思わず見入ってしまうほどの魅力があります。

※体調管理やマスク着用など、新型コロナウイルスの感染対策にご協力ください。

【運行時間(予定)】
・午前9時~午後0時
・午後5時~午後9時
※上記時間帯は中心市街地などで交通規制となりますので、車で付近を通行される際はご注意ください。

【運行場所】
・高田町内(山車組によって運行ルートが異なります。)


キーワード