和食 味彩

 /  / 

― 多くの人に愛されているお店

料理を見ると心が躍り、食べると温かい気持ちにさせてくれるお店がある。そのお店は、陸前高田駅から徒歩5分の和食 味彩だ。味彩は阿部昌浩さんと阿部裕美さんのご夫妻が二人三脚で切り盛りしており、地元だけでなく市外の味彩ファンも多い。多くの人から愛される味彩ならではの魅力はどのようなものなのか、阿部ご夫妻にお話を伺った。

― 味彩の歩み

店主であり調理を担当する阿部昌浩さんとホールを担当する阿部裕美さんのお二人は陸前高田市出身。阿部昌浩さんは市内の広田水産高校を卒業後、当時東京の品川プリンスホテル内にあった「寿司割烹 萩」や「和食ななかまど」で修業を重ねた。
26歳の時に陸前高田に戻り、市内のキャピタルホテルに2年間勤めた後、1996年に「和食味彩」を2人で開店した。店名である「味彩」の由来は「色彩豊かな料理を見て楽しんで、さらに味も楽しんでもらえるようにと店主の阿部さんが名付けたという。

しかし2011年3月11日に発生した東日本大震災により、味彩は被災。阿部昌浩さんは震災翌月から北上市で仕事を見つけ、2012年には北上市で隠れ家居酒屋「もぐら」を創業。阿部裕美さんは、2011年12月から臨時災害放送局である陸前高田災害FMで、被災した人々に前向きなメッセージを送り続けた。
北上市から陸前高田市に戻ってからは、「お食事処玉山」に勤めながら味彩の再建を目指して開店準備を進め、2017年12月14日に和食味彩を再びオープンした。

 

 

 

 

― 作っているのは特別な思い出

味彩がどのようなお店でありたいかをお二人に伺った。
「特別な日に美味しいものを食べたいね、じゃあ味彩に行こうと思ってもらえるようなお店でありたい。冠婚葬祭など色々なシーンで味彩を選んでほしい。」と阿部ご夫妻は語る。
例えば、七五三や誕生日などのお祝いの際には彩りが良く華やかな料理でお祝いし、精進落としの際には故人が生前に好きだった料理を出すことで、みんなが仏様を想うことができる。

「料理は食べたら消えてなくなってしまうけど、思い出はずっと残り続けるものだと思う。」

味彩が作っているのは美味しい料理だけではない。ずっと心に残る特別な思い出も一緒に作っている。
そして様々なシーンや人々の想いにそっと寄り添う。これは味彩ならではの唯一無二の魅力だろう。

 

― 味彩のこだわり

美しい料理、そして特別な想い出を作るためのこだわりを伺った。
まず味彩の料理は予約の電話時から始まる。予約の電話を受けたときにお客様の声や話し方、どこから来るのかを聞いてお客様を想像してニーズを把握し、食材や調理方法を変えるという。
例えば、地元のお客様であればできるだけ市外のものや珍しい食材を、市外から来た方には地産地消で地元の食材を、女性のお客様なら色々な種類の料理を少量で作り、華やかな飾りをした上で多種多様な料理を楽しめるようにする。
「料理を食べるだけでなく、見ることも楽しんでほしい。」
阿部さんの想いが反映された味彩の料理は繊細で美しい。そのため毎回飽きが来ることはなく、次はどんな料理が出てくるのか?とワクワクさせてくれる。

また店内にも味彩の工夫が見られる。少しでもプライベートな空間で楽しい時間をという想いから店内には暖簾がかかった半個室を設け、座敷では膝や足の悪い高齢者の方や外国人の方でもくつろげるように座布団ではなくイスに変更した。また車椅子の方でも通りやすいように通路を広くして段差もなくした。
子ども用のスプーンや茶碗だけでなく、小さい子どもを寝かしつけられるようにと毛布も用意している。小さなお子様連れのお客様の場合は、他のお客様との兼ね合いもあるが、なるべく座敷の広い部屋にお通しするようにしている。妊婦さんやビーガンの方でも電話予約時に希望を伝えれば、できる限り食材や調理法などを工夫して料理を提供するという。


 

 





― 是非食べてほしい一品は

ランチ:鳥から南蛮ソースとだし巻きたまご
鳥のから揚げはサクっとしており、甘辛南蛮ソースとの相性が抜群。
だし巻きたまごは卵を贅沢に3個使用し、ふわふわの食感。中を切ると優しい出汁が溢れてくるのが特徴だ。

 

ディナー:おまかせコース
和食一筋で腕を磨き続けた阿部さんがお客様のニーズに合わせてコースを考えて提供する。
食材の準備等の関係で事前予約が必要だが、きっと満足して帰ることができるだろう。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

― 安心、安全に食事を楽しんで頂くために

味彩では感染症対策を徹底している。まずは自分たちが感染しないようにと阿部さんご夫婦は日々手洗いうがい、消毒を行い、マスクを着用の上営業している。また店内は定期的に換気を行い、通路天井のライトには除菌効果が期待できるCCFLライトを新しく設置した。感染拡大防止のために、直箸を防げるよう食器を分けてご用意しているという。
常にお客様のことを第一に考えており、安心して食事を楽しむことができる。

 

 

 

 

― 高田旅ナビを見ている方へ

震災遺構の見学やあの日の出来事を学び、後世にも伝えることは重要だと思う。ただ、それだけを目的にするのではなくて、料理を食べに陸前高田に来てほしい。
味彩のあの料理を食べに行くついでに陸前高田を観光しよう。そうなることを目指していきたいし、なったら嬉しい。それが本当の意味での復興だと思う。

味も彩りも楽しめる味彩で特別な時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

 

所在地

陸前高田市高田町字荒町42 KC30-22

営業時間

11:30~13:30
17:00~21:00(ラストオーダー20:30)

席数

30席

予約可否

可(電話予約)

駐車場

10台

定休日

火曜日・第3月曜日

詳細

アクセス:JR陸前高田駅から徒歩5分
半個室:14席(4人席が3つ、2人席が1つ)
座敷:16席(1部屋8人が2部屋)
子ども対応:子ども用食器、寝かしつけ用の毛布あり
利用可能クーポン:Go To トラベル地域共通クーポン(紙・電子どちらでも可)、Go To Eatクーポン、陸前高田市プレミアム商品券
支払方法:現金のみ

連絡先

0192-47-4665

地図